進む開発

近年、ほとんどの人々がスマートフォンを使うようになっており、多くの企業でiphoneのアプリ開発が盛んです。iphoneは、高速なプロセッサとグラフィック能力を持っていますので、開発の自由度が比較的高いことが特徴です。 プログラミング言語としてObjective-Cを採用することで、C言語の良さを活かしながら、オブジェクト指向プログラミングを導入でき、iphoneのネイティブな機能にアクセスでき、その機能を活かしたアプリ開発が出来ます。しかし、Objective-Cは、開発者にとって負担が大きい部分もありますので、メーカーの方でSwiftと呼ばれる新しい言語を開発し、その言語が将来のiphoneのアプリ開発の主流となっていきます。

新言語であるSwiftは、Objective-Cと比較して、文法が簡潔であり、ライブラリなどが整理されていますので、iphoneのアプリ開発がしやすい環境を提供出来るように設計されています。iphoneのアプリ開発は、今後、Swiftで開発されていくことが予測でき、ゲームからビジネスまで多彩なジャンルのアプリが万遍無く開発されていくでしょう。 また、アプリは、ネットとの親和性が高いですので、クラウドサービスのクライアントアプリやオンラインゲームのクライアントアプリなども現在よりも更に開発が盛んになっていきます。ハードウェアの性能が向上した事で3Dモデリングを使ったアプリが増えています。iphoneの機能を最大限に使ったアプリは、今後も作られていきます。