インターネットを利用

現在、インターネットほど絶好な広告媒体はありません。今日の多くの企業はテレビCMや新聞広告と同様にインターネット上での宣伝活動に力を入れるようになりました。宣伝にはいくつもの媒体を利用することができ、その中で近年急速に発達してきているのが動画コンテンツとアプリケーションです。それまでの静的な情報媒体から動的な宣伝への変化は革命的で、アプリ開発はこれから更に開拓されるであろう分野です。スマートフォンの大手のひとつはandroidであり、googleはこのandroidアプリ開発のための制作ソフトなどをインターネット上で無料公開しています。これらを利用してアプリケーションを作ることができますが、宣伝などに用いる場合、それには相応のクオリティが必要になり、その場合は専門的な知識と技術を持った専門家にそれを委託する必要があります。androidアプリ開発委託の相場価格帯は広いですが、およそ8万円から30万円で委託することができます。

現在は動画投稿サイトなどに一般ユーザーが大量の動画を投稿しています。アプリケーションの付属機能として容易にそれを投稿できるようになったことなどが要因にあります。こうした制作環境の簡略化による初心者の大量参入は今後androidアプリ開発市場にも到来することが予想されており、実際に数年前まで組織的なものとして見られてきたandroidアプリ開発は個人でも行える制作として認知されつつあります。これがやがて一般化すれば現在の動画コンテンツと同様にアプリケーションが氾濫するようになり、他の情報に自分の情報が埋没する恐れが増します。しかし動画コンテンツの普及の裏でアプリ開発市場が動いていたように、アプリ開発の裏にもまだ一般ユーザーが認知していない市場があるでしょう。そうした世界にいち早く気付き、それを広告媒体として先駆的に利用することが重要です。